JB23-6型に9型エンジン搭載

2021/06/15
JB23エンジン

JB23の6型に、同じくJB23の9型エンジンを搭載する作業をしています。このエンジン交換は、同形式のエンジンながら、実は各部パーツを組み替えないとならない意外と面倒な作業です。特に、6型と9型ではエンジン制御の基準信号が違う(エンジンコンピューターそのものが違います)ために、まずはそこを合せないとエンジンがかかりません。具体的には、6型のINカムスプロケットと9型のINカムスプロケットの移植作業です。K6Aは、INカムスプロケットの山波形をセンサーで読み取ってそれを基準信号としています。6型のINカムスプロケットは7山の信号、9型のそれは4山の信号となっているためです。この移植は、バルブタイミングも伴う移植のため、そこも合わせながらの交換となります。またカム角センサー自体も6型のものを使用します。ちなみに9型(7型以降)には、カム角の他にもクランク信号がありますが、6型のエンジン制御ではカム角信号だけなので、これは使いません。エンジン載せ替え後は、e-manageにてセッティングを施すブーストアップを行います。