JB23 HITACHIタービン

2021/05/31
JB23日立

JB23-9型の純正コンピューター書き換えによるブーストアップセッティングです。装着されているタービンはHITACHIタービンで、純正触媒+TRUSTパワエクRマフラーという排気系の組み合わせ。燃料系は純正215ccインジェクターではブースト1.05KでMAXとなってしまうため、285ccインジェクターへと交換し余裕を持たせた内容となります。JB23に純正で装着されているタービンはIHI製とHITACHI製があり、それぞれに特性が微妙に異なります。この「異なり」は、ブーストアップを施すとより大きな異なりとなり、それぞれに違ったエンジン特性を見せるようになります。大きな違いは、IHIタービンは「上」で伸びるような特性を見せ、HITACHIタービンは「上」での伸びは有りませんが「中間域」が充実します。またIHIよりもHITACHIのほうがアクチュエーターが弱く、ブーストを高めるよう設定する場合でもHITACHIは上でのタレが大きく表れます。ちなみにRA-NO'Sでブーストアップセッティングする際は、主にその車の排気効率と照らし合わせながら設定値を決めていきます。今回の仕様では、HITACHIタービンということもあり、使用頻度の多い中間域で1.15~1.2Kに設定し、そこから高回転域にかけて1.0Kで落ち着くようにしました。