他社製コンピューターの書き換え

2020/07/26
コンピューター書き換え

JB23の7,8,9,10型は、マニュアル、オートマ問わず、純正コンピューターのデータ書き換えによるエンジンセッティングが施せます。RA-NO'Sでは、自社においてハイオク仕様にセッティング変更したいわゆる「つるしタイプ」の+POWER ECM(ECU)をラインナップしていますが、それとは別に、現車合わせによるセッティングも行っています。この現車合わせによるセッティングの利点は、タービンやインジェクター交換仕様等のチューンの進んだ仕様でも対応ができるということ。またそれらが純正の状態でも、現車を実走行でセッティングを施しますので、つるしタイプとはまた別格のエンジンフィーリングを実現できるものとなります。例えば、設定ブーストをつるしタイプよりも上げたい、なんていうのも可能です。また、すでに他社製コンピューターデータがインストールされている仕様でも、問題なくセッティングが出来ます。丁度先日も、他社製コンピューターがインストールされているJB23のリセッティングを行いましたが、来店前はアイドリング不良や始動性不良、加速不良等の症状があったJB23でしたが、リセッティング後はそれまでの不調が嘘のように気持ちよく回り安定したフィーリングのエンジンとなりました。お客様も大喜びで、「もっと早くに来店すればよかった」と満足していただけました。ちなみにこの現車セッティングの費用は、そのセッティング内容によって変わりますが9~11万程度となるのが一般的です。