ポン付けキットの実力

2020/07/19
パワー計測

タービン、インジェクター、コンピューターなどがキットになった、いわゆる「ポン付けキット」を装着されたJB23-7型のお客様が、体力測定を行いに来店しました。装着されたキットは、メーカー公称110psというシロモノです。まず、安全に計測を行うために、各部を軽くチェック、そしてシャーシーにのせ、計測を行います。まず、結論から書くと、結果は82psという数値でした。110psキットを装着したのに82ps??ですよね。でも、これは実際、あるあるのハナシです。何馬力でますよ、というキットを取り付けたのに、実際計測してみるとそれよりも遥か遥か下の数値。。。。エンジンコンディションに不具合があるのか? もしくは取付に不備があるのか? もしくは・・・・・・、ですが、実際の計測結果は、残念ながらの数値となってしまいました。また、今回のこの車両はこの計測結果だけではなく、キットを取り付けてからのアイドリング不調等の症状もあり、お客様がそのことをメーカーに相談すると「そんなものですよ」と、あっさり。今回のこの計測結果、そしてアイドリング不調、メーカーの対応等のことから、このJB23はRA-NO'Sでリセッティングを行うことになりましたが、こういった話は、正直良く聞く話なんです。特にエンジン関係では、です。どういったパーツを取り付けようが、どういったチューニングを行おうが、それを決めるのはお客様です。ただ、賢い判断でそれを行わないと、高い「授業料」を払うことになりますので、ご注意ください。