現車合わせECMセッティング

2019/09/21
セッティング

JB23-8型の現車合わせコンピューターセッティングです。メニューは、容量アップインジェクターとレーシングプラグ、そして純正コンピューター書き換えによるセッティングで、タービンはノーマルのIHIです。現車セッティングの場合は、そのクルマの現在の仕様に合わせた燃料や点火、ブーストセッティングを施し仕上げるものとなります。このクルマの場合は、排気の抜けが少々悪いバランスだったために、設定ブーストはMAXで1.2Kに設定。ブーストの立ち上がりと中回転域でのトルクアップを狙ったブーストマップにしました。そして点火セッティングも、特にブーストの立ち上がりでのノックを抑えながら、高回転までスムーズにフケ上がるよう設定。燃料は、濃すぎず薄すぎず、AFで言うと10.7~11.0程の範囲にまとめています。セッティング後は、パワーにして91ps、トルク12.7kgmのパフォーマンスを発揮しました。排気の抜けがもう少しよければ、94~95psは狙えるコンディションでした。