JB23 コンピューターセッティング

2019/04/30
ECMセッティング

JB23-10型MT車の純正コンピューターデータを書き換えてセッティングする現車合わせ作業です。このお客様は、他店にてキャタライザー&マフラー、前置きインタークーラー、追加メーター等々の取付施行を行った状態にて入庫。RA-NO'Sでは、プラグとインジェクターを交換し、その状態での現車合わせのセッティングを行います。RA-NO'Sでは、このようにセッティングのみの作業でももちろん承ります。入庫後、各装着パーツの確認を行い、問題なく各パーツが機能しているようであればセッティング作業に取り掛かります。今回はノーマルタービンの能力をフルに生かした現車セッティングです。インジェクターの交換は、ノーマルインジェクターでは高回転時に燃料が足りなくなるので容量をアップしておきます。セッティング作業は、必要な計器類を取り付けて、まずはインジェクター交換に対応したベースデータに書き換えてから、実走行にて細々とチェック。気になる所を覚えておき、都度ファクトリーに戻りデータ修正を行っていきます。この作業を8~10回程度繰り返して、実走行でのセッティングを決めていきます。実走行セッティングがおおかた完了したら、今度はファクトリーに設置してあるシャシーダイナモにのせて細部のセッティングをつめていきます。実走行では見えない部分などのセッティングに、このダイナモは活きてきます。今回はノーマルタービン・ハイオク仕様ブースト1.2Kで92psのパフォーマンスを発揮しました。仕上がったクルマに試乗したお客様は「こんなに変わるんですね!」と。そう、キチンとセッティングを施せば、ノーマルタービンでもここまで楽しいクルマになるんです。