07タービンの現車セッティング

2018/11/10
07タービン

JB23-9型のマニュアル車で、タービンはHITACHIの07-4Aを組み合わせインジェクターはSARDの380ccを使った仕様です。このクルマ、これまではe-manageアルティメイトでの制御でした。しかし更なるフィーリングの向上を目指すために、今回はサブコンを取り外して、すべて純正コンピューター(ECM)で制御することになりました。いわゆる、純正ECMの現車合わせセッティングです。RA-NO'Sで行っている現車セッティングは、タービンやインジェクターが交換されている仕様でも純正のままの仕様でも、すべて現車セッティングが施せます。対応となる車種は、JB23の7~10型に限定されますが、純正ECMの内部データを直接書き換えてセッティングする現車合わせは、サブコン等を使用したセッティングとは一味も二味も違うフィーリングを実現できますので、7型以降のJB23には特にお勧めです。

今回の作業は、アルティメイトの取り外し作業と純正ECMの現車セッティング作業がありましたので、都合2日間かかりましたが、通常の現車セッティングのみならば一日で完了しますので、クルマを預けなくてもいいというメリットもあります。朝一で入庫してもらえれば夕方には完成しますので、その日に乗って帰れます。

セッティング希望の場合は、メール(info@ra-no-s.com)にて作業予約を行ってください。