現車セッティング

2018/10/22
ECM

最近は、JB23-7型以降のエンジンコンピューター現車合わせセッティングが盛んです。ノーマルタービン~ノーマルインジェクターの仕様からタービン交換~インジェクター交換の仕様まで様々です。中でも◎な仕様は、ノーマルタービン~インジェクター交換の仕様ですね。タービンはノーマルのまま、インジェクターのみ容量をアップさせた仕様が全域トルク&パワフルで使い勝手が良く、走らせて楽しい仕様になります。ちなみにこの仕様での最近のデータは、ノーマルタービンながら94psのパフォーマンスを発揮したものがありました。ヘタな社外タービンを使うより、断然この仕様のほうがハイパフォーマンスなJBに仕上がります。ノーマルタービン~ノーマルインジェクターでは、パワーMAX86ps程度となります。これは、ノーマルインジェクターの容量の問題です。このパワーで、ノーマルインジェクターは全噴射になります。なので、ノーマルインジェクターの場合は、高回転域ではブーストを下げるように制御ソレノイドのセッティングを施します。

現車セッティングに要する時間はその仕様によって異なりますが、ノーマルタービン仕様ならば6~8時間程度で完了します。つまり、朝一入庫で夕方前には完成になるので、クルマを預ける必要もなくその日帰りで仕上がります。