JB23ブーストアップ

2018/03/05
インジェクター

JB23ジムニーのブーストアップ(純正タービン)は、その限界が型式によって違う。まず1~3型までは、純正ECMデータのブーストリミッターの値が結構高い(1.3~1.4キロ)ので、リミッターが作動するところまではブーストを高めることが出来る。ただし、高めたブーストに対する燃料補正は行ったほうがいい。基本的には、リミッター範囲内であれば純正ECMの燃料マップデータはあるので対応はできるのだが、吸排気効率の高い組み合わせの場合はその燃調も薄くなる可能性があるので、ブーストを高める場合は燃料も増量したほうが賢明となる。

4~6型は、その回転域によっても異なるが、ブーストリミッターが下がり約1.05キロ程度で作動してしまう。つまり、リミッターを解除もしくは引き上げない限り、それ以上にブーストを高めることはできない。ちなみにリミッター値を上げれば、純正インジェクターの容量でもブースト1.2キロ程度までなら対応はできる。もちろん、高めたブーストに対する燃料の増量はやはり行ったほうがいい。

7型以降は、ブーストリミッターの値はさらに下がって1.0キロ程度。ただし7型以降は、純正インジェクターの容量もそれ以前より少なくなっているので(230cc⇒215cc)、例えリミッター値を上げたとしても、高められるブーストの限界は低い。具体的には、あくまでも吸排気効率の違いによって異なるということが前提となるが、ブースト1.2キロのままで6000rpm以上となると燃料は足りなくなる。つまり1.2キロまでブーストを高めた場合は、高回転域では少しブーストを下げるように設定してやらないと上手くない。